お知らせ

国際会議場にて「矢追純一講演会」を開催しました。

拡大画像

2017年4月9日、国際会議場にて「矢追純一講演会」を開催しました。

【第1部】

三五館より出版された矢追純一著「ヤオイズム」を題材として矢追氏の生き方や思考法を学ぶ講演会でした。

 ★矢追氏プロフィール★
  1935年、満州国新京に生まれる。中央大学法学部法学科卒業
  1960年日本テレビ放送網入社。ディレクターとして「11PM」「木  曜スペシャル」などでUFO。超能力、超常現象をテーマにした話  題作を手掛け、退社後もテレビ・ラジオ番組制作、出演、   TVディレクター、作家
  「宇宙塾」主宰。宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」名誉館長

【第2部】

抗酸化溶液の開発者、曾田伸一氏を第2部の講師に迎え、「抗酸化溶液で世界は変わる」をテーマとして、抗酸化溶液の開発秘話、パーフェクト抗酸化溶液「始元素粒子」についてお話していただきました。

  ★曾田伸一プロフィール
  1951年、北海道芦別市で生まれる。
  苫小牧工業高校建築家卒業後、1級建築士を取得。
  1983年、アイ企画建築設計事務所設立。
  この頃、物を腐らせない液体を発見し、特殊酵素を研究開発
  2007年に会田総合研究所を設立。
  抗酸化溶液の研究開発、健康住宅「抗酸化工法」開発者

*****************************

抗酸化とは、人や動物は体内の活性酸素が増えることで病気になったり、正常な細胞が癌化するといわれています。健康で生活するためには酸化を抑制することが大切です。酸化を抑えることを「抗酸化」と言います。

曾田氏は、30年来の研究により特殊酵素を発見し、「抗酸化溶液」を開発しました。


★★★矢追氏は、その研究に賛同し、今回の2度目の共演となりました。★★★

画像 画像 前の画面に戻る